HOME > カッピング療法

カッピング療法について

カッピング療法

別名吸玉療法、カッピング療法、抜缶療法など様々な呼び方があります。
元来中国の民間療法の一つでした。
カップを皮膚に当てて、中の空気を吸い出しキュッと真空に近い状態にし、血の流れをよくする治療法です。
カップの中を真空に近い状態にして皮膚に吸着させるという、原理はとてもシンプルですが、その効果は抜群です。


特に、汗をかきにくい人、肩こり、腰痛、胃腸が弱い、便秘、肌荒れ・かさつき、不眠などの症状に特にお薦めです。

吸玉(カッピング)の効果として期待できるもの

カッピング療法

  • 血液をきれいにする
  • 血行をよくする
  • 血管をはじめ組織を強化する
  • 皮膚の若さを保つ
  • 関節の働きを円滑にする
  • 内臓諸機関を活発にする
  • 自律神経を正常に調節する
  • 免疫機能が高まる
  • ホルモンバランスが整う
  • 鎮痛作用により肩こりや腰痛の改善
  • 腰痛や肩こりなどからくる諸症状の改善
  • 病気の予防

などがあげられます。
東洋医学的にはオケツという状態で、血液がドロドロなタイプの方には特に有効です。
機能の低下しているところや、血液がドロドロのところは吸玉の跡が残ります。
これによって、身体の悪いところがわかります。
あざのような痕は個人差がありますが、3~7日でだんだんと薄くなり消えていきます。



予約優先制について

当院概要