HOME雪山でのケガや捻挫について

雪山でのケガや捻挫について

スキーやスノボはケガが起きやすい

雪山でのケガや捻挫について 冬といえばスキーやスノボといったウインタースポーツではないでしょうか?。

この時期になりますと週末や連休を利用して雪山へ行かれる方も多いと思います。

近年スノーボ-ドなどの人気もあり、スキー場などではプレーヤーの人口も増え、それにより怪我をする人数が多くなっています。

スキーもスノーボードも足をボードなどに固定してのスポーツですので必然と全身に怪我が起きやすいスポーツといえます。


特に多い怪我は靭帯損傷や軟骨損傷です。


どちらも骨折の様な大きな怪我ではありませんのでスキー中に怪我をしてしまった場合でもそのままにしてしまい、かえって悪化する事が非常に多いです。

無理をして滑り続けてしまったり、専門家に診せに行って治療しなければ、痛みが長期間続いてしまう事もあります。


そして、ウインタースポーツの種類に関わらず腰の強打も多く起きています。


スキー教室などでもまず、初めに怪我をしない転び方「受け身」を教えます。

上級者はもとより、スキーやスノーボードにおいての危険行為や、すべる上での危険な事柄などを熟知していない初心者や中級者にとくに多い怪我なので是非きおつけてください。

雪山を颯爽と滑るのは冬場だけの楽しみです。

ですが、自分が転んで自分だけが怪我をするだけならまだしも、他人を巻き込んでしまって怪我をさせてしまう危険性もあるのが、スキーやスノーボードにとって怖いところであると言えます。
また前傾姿勢を続けることによっておこる腰痛も頻発する傾向があります。

そこで、今後雪山へスキーを楽しみたい方は是非普段からのトレーニングやストレッチをし怪我をしない、させない身体作りをする事をお勧めします。

怪我をしない身体をつくりたければ?!

身体の歪みをただし循環を治す是非当院を受診して下さい。
当院では、小児から80歳代のお年寄りまで、安全で安心して受けていただける、痛みを根本から治す治療を実践しています。
病気で歪んでしまった骨などの歪みを整えていきますので、痛みも不安もありません。
関節痛や首の痛み、炎症をすぐに緩和できる施術もしていますので、「病気が治ったのに痛みが取れない」といった患者様のお役にたてると思います。




予約優先制について

当院概要

▲ページトップに戻る