HOME >交通事故にあった時怪我を軽減する方法とストレートネック

交通事故にあった時怪我を軽減する方法

交通事故にあった時怪我を軽減する方法

長い人生でどれだけ注意を払っていても交通事故に巻き込まれてしまうことがあります。

そんな時は、シートベルトを締め体をこわばらせないようにした方が大怪我になるリスクを抑えられると言われています。

これは人間の直感とは反対の行動ですが体をこわばらせて衝撃に備えようとすると怪我や骨折、またはむち打ちなどの交通事故治療を必要とする怪我を増やしてしまいます。

事故で後遺症になりやすいストレートネック

事故で後遺症になりやすいストレートネック

ストレートネックは交通事故治療を受けられている方にもよく見受けられますが、普段の姿勢がネコ背の方にも多く見られます。

通常歪みのない体幹であれば首には緩やかなカーブがあり人にとって重要な頭部のバランスをとっています。
ストレートネックという名称のとうり、ここの首筋から頭部にかけての大事なカーブが姿勢の歪み(慢性的)や交通事故によるむち打ち(急性的)によって真っ直ぐ「ストレート」の状態になってしまい、頚椎が圧迫された後、首の筋肉が正常に戻らず、首がまっすぐに固まってしまう症状です。

首に本来持っている正常なカーブによって頭部のバランスをつかさどっているわけですから、頚椎(けいつい)の骨のズレや首の筋肉が固まった状態で自律神経が圧迫されめまい、吐き気、頭痛などの症状を引き起こします。

首が痛い!頭痛がひどい場合ぜひみつた接骨院まで

肩こりや頭痛の原因にストレートネックがある人の共通点としてビジネスでパソコン作業が多い方にの傾向が見られます。猫背で作業してしまっている人が多いのではないでしょうか。

一番の改善策として「猫背」を治すのがベストです 歯の食いしばりの癖のある人の姿勢は、首が前に出ていて、猫背になっています。

正しい姿勢を意識してみると、 自然とストレートネックが改善できる可能性もあります。 当接骨院では体の姿勢から来る歪みが様々な体の不調の原因と考え、この「歪み」を正す施術得意としています。是非みつた接骨院にお越しくださいませ。




予約優先制について

当院概要

▲ページトップに戻る